48.6φのパイプ単体の強度

2019年12月に、とある試験機関でパイプの強度試験を行いました。
パイプの強度は、m単重(1メートルあたりの重量)xN(ニュートン・引張強度)
の比較により、ある程度予測はできていましたが、
破断実験を行うことにより、その理論値よりも48.6φパイプはかなり強度がある、
ということがわかりました。

太さmm   厚さmm    引張強度N    試験結果

48.6     2.4      500       100 とすると、
42.7     1.6      590       約55
38.1      1.6      590       約50
31.8      1.6      590       約40 

詳しい数字は企業秘密とさせていただきますが、
試験結果による指数は上記のとおりとなります。
48.6x2.4x500Nのパイプは、38.1×1.6x590Nの約2倍の強度があるといえます。