農業用ハウス強靭化緊急対策事業が決定されました

国の平成30年度第2次補正予算額で516百万円、
平成31年度予算概算決定額で522百万円の緊急対策が実施されます。

 

平成30年の豪雨、台風、大雪被害等の多発と被害拡大を踏まえ、
老朽化により十分な耐候性がなく対策が必要な農業用ハウスについて、
被害防止計画を策定した上で実施する農業用ハウスの補強や
防風ネットの設置等が支援されます。

 

防風垣

 

合掌補強

 

タイバー、束、桁

 

L曲げ補強

 

中柱補強

 

 

農業用ハウスの災害被害防止技術の講習会や、
ハウスの補強、防風ネットの設置ならお任せください。
また、強度の高いパイプハウスもぜひご相談ください。
農業用パイプの中でもかなり太いパイプ
(直径48.6mm肉厚2.4mm、いわゆる足場管・単管)を使用した、
48.6φハウスがございます。

当社の所在地は新潟県ですが、近県・関東でもお伺いします。

 

 

48.6φハウス