もみがら保管用48.6φハウス 5間x10間


間口5間(9m)x奥行10間(18m)
フィルム:屋根と側面は白色農POフィルム0.15mm、妻面は透明農POフィルム0.15mm。


農家さんが自分で側面をコンパネで囲い、もみがらがフィルムを押さないようにしています。
もみがらは牛の敷料にするそうです。
ぐっすり眠る牛ほど、(乳も肉も)美味しいらしい。


入口のドアは雨天時以外は常に開けているので、
風が抜けるように後の妻面に風圧シャッターをつけています。
シャッターからの雨漏りが心配されましたが、特にないようなのでひと安心。